グローバル人材育成ビジネス英語研修 | 異文化コミュニケーション

HOME > 法人・官公庁向けサービス > 異文化コミュニケーション

異文化コミュニケーション

プログラム概要 Program Outline

グローバルビジネスの成功には、外国語の習得だけでなく、 外国人との文化や考え方の違いを理解し、協調的な関係を構築しなければなりません。

IESの異文化コミュニケーションプログラムでは、言語の問題のみならず、外国人との間にコミュニケーションのトラブルが生まれる本質的な問題に焦点を当て、ビジネスを円滑に進めるスキルを身につけることができます。

座学形式の講義による概念理解ではなく、異文化の状況を設定し、ロールプレイ等を中心とした体験型のプログラムです。 担当する講師は、取り扱う文化圏に応じて専門講師(日本人/外国人)が担当します。

トレーニングアプローチ Training Approach

日米欧異文化間ビジネスコミュニケーション研修 Cross-Cultural Business Sensitivity
異文化コミュニケーター
講師は30年以上日本に在住し、自らの経験から日本人の対外国人との英語コミュニケーションの問題を研究し、その対策を指しているネーティブ講師です。

欧米人との常識や考え方の違いを通して異文化への洞察力を養い、グローバルビジネスを効果的に進めるためのコミュニケーションスキルを身につけます。日本と欧米のコミュニケーションの概念やアプローチの違いから生じる様々なミスコミュニケーションの事例をもとに体験的ロールプレイを通して協調的な異文化間コミュニケーションを体得します。 「初級者向け異文化コミュニケーションの基本コース」では、外国人と英語で話す抵抗感を克服し、基本的なコミュニケーション(間合い、テンポ、声のトーンやジェスチャー、英語表現)のスキルを学びます。 「中上級者向け異文化コミュニケーションの洞察力養成コース」では、日本人の様々なコミュニケーションの問題を取り上げ、ケーススタディーやロールプレイを通して異文化理解を深めパーフォーマンスの向上を図ります。 またプレゼンテーションやミーティングスキルの研修と組み合わせたり、複数の外国人講師を交えての仮想異文化ビジネス体験を実施することも可能です。

中国及びアジア新興国異文化間ビジネスコミュニケーション研修 Chinese & Asian Cross-Cultural Programs

日本と中国やベトナム、タイ、インド、インドネシアなどアジア新興国との文化や価値基準の違いを理解し、ビジネスで協調的な関係を構築するための人事・労務管理の問題をはじめ、ビジネス上の諸問題についての成功事例と失敗事例を学び、中国人などアジア新興国との異文化コミュニケーション力の向上を図ります。 日中異文化プログラムは、1)中国の現状、中国人研究、中国人とのコミュニケーションなどを中心とした日中異文化コミュニケーションコース、2)中国ビジネスで管理者に求められる資質、人事労務管理の問題を中心とした日中異文化ビジネスコースと 3)中国市場、リスクマネージメント、中国ビジネス戦略を中心とした中国ビジネス・マネージメントコースなどがあります。
**講師は日本・米国・欧州そして中国で長く現地法人の経営にたずさわり、中国では事業改革に成功しトップシェア―を獲得した経験を持つ中国異文化・ビジネスの第一人者です。
*その他ベトナム、タイ、インド、インドネシアなどアジア新興国の語学や異文化ビジネスコミュニケ―ション研修を希望される場合、具体的なご要望をご相談ください。

研修のながれ Program Planning & Implementation

ニーズ調査と契約 → 研修準備 → 研修実施
貴社ニーズの確認
  テーマや内容の設定   研修スタート

次回研修案の検討

事例紹介 Case Studies

事例1 製薬メーカー
対象レベル:
TOEIC600程度以上
背景状況:
グローバルビジネスを遂行していく上で、ミーティング等の場面において、英語力だけではうまく話がまとまらない部分がある。
将来のリーダーとなる中堅のマネージャー層に異文化理解研修を実施。
研修概要:
3日間のミーティングスキル研修の前に1日で異文化理解研修を実施。日本と欧米との考え方、常識の違いを理解するとともに、様々なケーススタディーを通して、異文化の壁を乗り越えるコツを体得する。
受講生の声:
  • 語学力だけがコミュニケーション能力ではないことがわかった。
  • 外国人と接するのにナーバスになっていたが、ポジティブに考えるようになった。
  • 欧米人のミーティングに対する期待、常識が理解できた。すぐには難しいと思うが、今後の対応に努力していきたい。
事例2 自動車部品・材料メーカー
対象レベル:
中国赴任予定者
背景状況:
中国の生産拠点の増強、取扱品目の増加に伴い、現地中国人の雇用人数が急増している中で、新たな中国赴任者の労務管理上の問題も懸念される。
このため中国での人事・労務管理に焦点を当てた異文化理解研修を実施。
研修概要:
中国での実務経験豊富なベテラン講師による一日間の中国異文化理解ワークショップを実施。ケース・ディスカッションやロールプレイを通して中国人とのコミュニケーションの取り方を学ぶ。
受講生の声:
  • 何よりもビデオやケーススタディーによる体験型研修で、現地で役立つ情報が得られた。
  • 近くて遠い国中国で働くことに不安を感じていたが、これで前向 きに考えるようになれた。
事例3 大学の公開講座
対象レベル:
社会人一般
背景状況:
大学の公開講座の一環として、グローバル時代に生きる日本人の異文化コミュニケーションをテーマとした専門講座を企画したいとの大学の要望から、「グローバリゼーションと異文化コミュニケーション」の共同企画を実施。
研修概要:
米・欧・中国の現地法人での経営経験豊富な講師により2日間の夜間講座(19:00~21:00)を実施。
米国・欧 州・中国人の3大ビジネス文化圏の異文化理解を深める。
受講生の声:
  • 日本の常識がかなずしも通用しない現実が、事例を通して理解することができた。
  • 米・欧・中国人と日本人のコミュニケーションの違いを比較することで、より鮮明に違いがわかるようになった。

クライアントのご要望に合わせて研修のご提案をいたします。詳しくはお問合せください。

お問合せ

▲このページのトップへ