HR Communications:貴社のグローバルオペレーションで「人事管理」コミュニケーションがうまく機能していますか?

最近「日本式のしきたりに慣れすぎたり、成功体験にとらわれ、海外で通用しなくなった社員が増えている・・」との悩みをよく耳にするようになりました。これは、急速にグローバル化する変化のスピードについていけない組織はグローバル競争に生き残れないことを意味することになります。日本企業では、社内の外国人社員の増加やM&Aによる組織カルチャーの変革により、特に多様性に富む人事管理コミュニケーション力の強化育成が求められています。対応を間違うと訴訟問題や労働争議に発展してしまい、問題解決に多大な労力と費用がかかることになります。

こうした背景からか、弊社では最近海外赴任者のみならず、管理職層の「人事管理」に関する英語コミュニケーション研修の依頼が増えております。また新興国における労務管理をテーマとした異文化コミュニケーションセミナーも好評です。

コメントを残す