月別アーカイブ: 2012年12月

最近のディスカッションテーマ:Fiscal Cliff(財政の崖)

米国の財政問題が世界経済を揺るがしかねません。

年末から年明けにかけて実質増税と歳出削減が重なる「財政の崖」が近づいているからです。米国のGDP成長率は一時的に年率で3%近く下押しされかねない。実質増税で収入が減る家庭が消費を控えるほか、予算の大幅なカットで需要が急降下し、失業率も再び上昇する恐れがあります。米国での需要の冷え込みが輸出入の停滞を通じて世界に危機を波及させかねないのです。日本には輸出の低迷や一段の円高圧力となって襲いかかってきます。最近米国の有力企業80社超の経営者が声明を発表し、早急に対策をとるよう議会に求めています。

(最近のIES中上級英語研修クラスで議論されているテーマより)